奥越宅配委員会ときらめきファームの会 合同企画

自由研究に!
子どもたち集まれ~!
結とぴあにて、着色料の実験とヨモギだんご作りをしました。

DSCN09714.jpg

合成着色料と天然着色料についての説明の後
実験開始!

DSCN09180.jpg

コープと市販品のふくしん漬けやジュース、チョコボールをとかして
毛糸を入れてぐつぐつ煮ました。

DSCN09178.jpg

実験をしている間に、きらめきファームの会のメンバーは
きらめきの畑で育ったヨモギとだんごの粉をこねて、あんこを丸めて準備しました。

DSCN09813.jpg

実験の後、子どもたちはヨモギだんごを作り
おうちの人と一緒にいただきました。

DSCN09819.jpg

子どもたちの声
・実験が楽しかった。
・カラフルに染まった毛糸にびっくりしました。
・コープのふくしん漬けやジュースは、毛糸を洗うと色が落ちることも分かりました。
・ヨモギだんご、とてもおいしかったです。
・来年もこういう企画をして欲しいです。
スポンサーサイト
2016.08.10 Wed l 食・食育・商品学習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
7/27ハーツ学園 さくらルームにて、たんぽぽ便ひろめ隊(福井宅配委員会)主催の「親子で作って食べて考えよう」企画が開催されました。9月の防災月間を前に、夏休みに親子で「災害にあったとき、どうする?」「災害時の注意点や、普段ストックしてある食材をいかに工夫して、限られたエネルギーで調理するか」を防災クイズなどで楽しく学んでいただこうと企画しました。
まずは防災クイズ。子ども達は二択のクイズを楽しみながら解答ゾーンへ移動。正解すると「やった~!」と歓声が。

全10問あり、正解者には、コーすけグッズのプレゼントがありました。

続いて簡単調理。
これらの食材を使って調理します。


通常、ゆで時間7分のパスタも2時間ほど水に浸しておくと生パスタのような感じに。これを鍋の湯で1分半くらいさっと茹でたら、パスタの出来上がり。湯がいたお湯は捨てずにパスタソースを温めます。

今回は粉末コーンスープを少しの豆乳で溶き、パスタソースにしました。ちょっと甘めですが、これもまた、工夫の一つですよね。
子ども達は2種のパスタを喜んで食べていました。

その他には、レトルトのハッシュドビーフにミックスビーンズを入れてスープ風にしたり、切り干し大根と鶏ささみ缶を使ってマヨネーズ和えやひじきとツナと玉ねぎのサラダなど作りました。独特のにおいのある切り干し大根は、子供たちはちょっと苦手みたいでした。

最後は、昔懐かしい「おちらし」(地方によってははったい粉とか麦こがしとかいうところもあるそうですね)
大人も「食べたことない」とおっしゃる方も。
こちらも少々くせがあるからか、子供たちは複雑な表情

みんなで試食タイムの時に、災害にあったら、いろんな物が制限され、今のような生活ができなくなること、「あたりまえ」がどれだけ恵まれているかを話しました。
いざ!というときに役立ててくれるといいなあ・・・
2016.08.09 Tue l 食・食育・商品学習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
第2地区委員会では、毎年夏に平和活動に取り組んでいます。
日本は第2次世界大戦中にたくさんの苦しい体験をしました。
私たちが求めるよりよいくらしは、平和なくしてはありえないことです。
ひとりひとりが平和を考えるきっかけ作りとして、今年度も滋賀県平和祈念館を訪ねました。

まず、戦争についてお話していただきました。
戦争に行くというのは、「生きるか死ぬか、殺すか殺されるか」のところに行くことです

戦争とは

この施設のすごいところは、目で見るだけでなく、実際に手に触れることのできる資料があるところです。
鉄兜や焼夷弾を見せていただきました。親やおばあちゃんたちも触ったことのないものでした。
保護者の方も

次に、館内のスタンプラリーに挑戦。それぞれの年齢にあったクイズが用意されています。
今回の企画展示は、「日本陸軍と軍装」
見学

飛行部隊

親子で


スタンプラリー

前向きに

教えて頂きながら

当時の家の中

色々教わりました

最後に、ボランティアの方が当時のおやつを用意して下さり、おちらし粉や小麦粉とおからで
作った塩味のせんべいなどをいただきました。
限られた食料の中で工夫をして栄養を摂られていたことがわかり、今がどれだけ恵まれて
いるのかを感じました。
中沢さん

おやつ

昼食後に、参加者の皆さんが感想や学んだことを書いて下さいました。
感想

現在、ハーツさばえのコミュニティスペースに掲示しておりますので、ぜひ読んでいただければ・・・と思います。
2016.08.08 Mon l 平和・国際交流 l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎日、暑ーい日が続いていますね
ついつい冷たいジュースを飲みたくなります。飲みすぎないためにも、ジュースの糖度を知って
飲み物の飲み方について考えてみる企画を開催しました。
たくさんの親子が集まってくれました。
まずは、ペットボトルを使っておやつ作りをしました。

マシュマロを切ります!
マシュマロを切ります


ペットボトルに入れます!
ペットボトルを使って


温めた牛乳を入れて、シェイク!
シェイク

マシュマロが溶けたら、冷やして、固まるのを待ちます♪(/・ω・)/ ♪

その間に、ジュースの糖度を測ってみます。

ジュースの中に、スティックシュガーが何本入っているかをまずは予想してみました。
糖度を測って、計算もしてみました。
計算中

自分達の測ったジュースの糖度を発表してもらいました。
糖度発表


まだまだ、測り足りないお子さんは、いろんなジュースの糖度も測っていました。
糖度表示

どうなるかな?

ジュースの横に置いてあるスティックシュガーの量を見て、お砂糖の量を実感しました(;゜0゜)
気になる糖度

冷やしておいた牛乳ムースは固まったかな?
固まったかな

固まったら、ペットボトルを切って、飾りつけをしました。
上手にのせられるかな

あまーいおやつは美味しいね。こんな時の飲み物は、やっぱりお茶が合いますね(^∇^)
甘いね

参加者の声
清涼飲料水は甘いと思っていてもついつい与えてしまったり、飲みすぎたりしてしまいます。実際に甘さを調べ、
  目で砂糖を見ることで、飲み物も選ぼうという意識が出ます。
  夏場、糖分をアイスや飲み物などで摂り過ぎると体も疲れやすくなるし、健康のためにもとてもよい企画でした

簡単におやつが作れて、美味しかった。面白かった

まだまだ、続く夏休みを皆さん、元気に楽しく過ごして下さいね。
また、親子で参加していただける企画を開催していきたいと思います(=゚ω゚)ノ
2016.08.08 Mon l 食・食育・商品学習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ハーツはるえ「ひまわりルーム」にて
くれよんの会主催

酒井久仁江先生にフラダンスを教えていただきました。

DSCN0993fura.jpg

最初にフラダンスの歴史やハワイの話を聞きました。
よく「アローハ!」って挨拶のように言いますが、実は「愛」だそうです。
愛をこめて!って感じでしょうか!?

fura2.jpg

フラとは神聖なもの、神様にささげる踊りだそうです。
今日は「Hukilau」(フキラウ)という地引網を引きに行くよ!という踊りを教えていただきました。

fura3.jpg

男の子のフラもあるそうで
上手に踊っていました^^

fura4.jpg

なだそうそうの曲に合わせて、先生の踊りに
皆さんうっとりと見入っていました。
ハワイアンには裏に隠された意味があり、
悲しい曲でも笑顔で踊るそうです。

fura5.jpg

参加者の声
・音楽に合わせて、パワスカートをはいて踊るのはとても楽しかったです。
・曲も踊りも分かりやすくとても楽しく踊れました。
・素敵な先生で、テンションを上げて下さるので、楽しく参加することが出来ました。
・来年もまた企画して欲しいです。

酒井先生、助手の山口さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。

2016.08.07 Sun l 生活文化・くらし l コメント (0) トラックバック (0) l top